75歳でダイビングライセンス取得!

ダイビングを趣味にしていると、海外旅行もより楽しくなりますね。
スキューバダイビングの場合は、シュノーケルと違ってライセンスを持っていなければなりません。正確にはCカードと呼ばれます。
ダイビングライセンスのコースは、通常4日間で学科、プール講習、海洋実習と進みます。
スキューバダイビングのライセンスコースは、指導団体が定めた安全に潜れるようになるためのカリキュラムに沿って行われます。
ダイビングライセンスを発行している指導団体で一番大きいのはPADI。アメリカが本部で世界中に支部があります。
日本のダイビングスクールもPADIに所属しているダイビングショップが多いですね。
ダイビングショップにも様々な特徴がありますから、ネットだけで見て決めるのではなく、電話をしたり、実際に足を運んで決めましょう。
実は、一人でダイビングを始める人が多いのですが、ショップが主催するダイビングツアーに参加すると同じ趣味の友達がたくさんできてしまいます。
神奈川や東京のダイビングスクールで多いのは、やはり伊豆のダイビング。日帰りでも行けるのが魅力です。
そして、伊豆のダイビングでスキルアップしたら、いよいよ沖縄ダイビングデビューです。エメラルドグリーンの海が待っています。
まずは、体験ダイビングという方も多いですが、やはり楽しみの幅を考えるとかなり制限があることは確かです。
最近では中高年の方もダイビングを始める方が多くなりました。75歳でダイビングライセンス取得なんていう方もいるなんて素敵なスポーツですね。

ダイビングをしているお友達って、実はけっこう周りにいませんか?
スキューバダインビングのライセンスは、本当はCカードと言いますが、Cはcertification(認定)の略です。
ダイビングライセンス取得のコースは、通常4日間で終了しますから、けっこう気軽に受けることができます。
実はスキューバダイビングライセンスを発行している団体というのは、ひとつだけではないのです。
PADIというのは、指導団体の中でももっとも大きな団体で、本部はアメリカですが世界各国に支部があります。
ダイビングスクールも日本ではPADIのカリキュラムで指導しているショップが多いです。
ダイビングショップを選ぶ際は、やはり実際にインストラクターと話をしてみるのが一番です。信頼できるスタッフのいるお店を選びましょう。
もしあなたがひとりでダイビングを始めても大丈夫。ショップ主催のダイビングツアーに参加しているとすぐに仲間が増えるからです。
神奈川や東京のダイビングスクールで多いのは、やはり伊豆のダイビング。日帰りでも行けるのが魅力です。
そして、南の島へ行くのならグアムのダイビングがいち押しです。ボートで移動しているとイルカが迎えてくれます。
もし、いきなりダイビングライセンスに挑戦するのは不安というのなら、体験ダイビングをしてみるのも良いかもしれません。
最近では中高年でダイビングを始める方も多くなりました。実際、海外では50~60代のダイバーなんて普通らしいです。